Mysterious iPhone Wallpaper Blog

スポンサーリンク

2015年12月9日水曜日

iOS 9.2でのiPhone壁紙の変更点 - テンプレートにも影響あり!

PC用壁紙が真ん中表示に

基本となる壁紙サイズに変更はありませんが、PC用などの横長の壁紙を流用されていた方や、iPad用の正方形の壁紙をiPhoneに使っていた方がiOS 9.2以降で壁紙を再設定した場合は、これまでとは違う表示になります。

横長の壁紙を設定しようとすると

規定サイズ以外の壁紙を「移動と拡大縮小」なしで設定したときのトリミング(画像の切り取り範囲)が変わっています。

まず規定サイズ以上の横長の壁紙をiPhoneに設定した場合を見てみます。これまでは右側がばっさり切られていました。

iOS 7~9.1

これがiOS 9.2では真ん中で切り取られます。

iOS 9.2

正方形(見本はiPhone 6 Plusで2592×2592)の壁紙もセンター表示になります。

視差効果で正方形を設定

縦長の壁紙は大小問わず下の方がカットされます。

視差効果で縦長を設定

規定より大きいか小さいか長いか広いかであっちに行ったりこっちに行ったりしていたのが「横長はセンター」「縦長は上の方で合わせる」という2つのルールになったようです(2015 12/12 横長でも規定の高さ以外では中心が下がるきらいがあります)。

iPadでも同じです。縦位置で設定したときと横位置で設定したときで切り取り方は違います。横位置で正方形の壁紙を設定すると画面より縦長の壁紙に当たるので下の方が切られます。

おおむね真ん中は真ん中ということで、ある意味簡単になったと言えます。最初からこうしなかったのが不思議なくらいです。

縦長も次の次あたり真ん中になったりして……

以前ここらへんの仕様を全部明らかにするのはあまりにめんどくさいのでやりたくないという記事を書きましたけど本当にやっとかなくてよかったです。

デフォルト壁紙に変更はないようですが、例によってアップデートを飛ばすか、久しぶりに変えたりすると無くなっているということになるかもです。


テンプレートが変わります

当サイトで公開していた壁紙制作用テンプレートに変更があります。


基本のフレームはそのまま、拡大表示モードと小さな画面サイズのiPhoneに転用した場合のフレーム(赤と青のフレーム)を修正しています。これまでは規定より大きな壁紙を使った場合は若干左寄りになっていたものがセンター表示になりました。

今回の仕様変更とは無関係ですがiPhone 5、4s用も少し前に作っています。


壁紙もアップデートします

簡易アクセス用分割壁紙の拡大表示版は型落ち。
6 Plus拡大表示用 Partition 6Pz 26拡大表示用 Partition 6z 2に。

「カラーUIの壁紙」と「ほんとうに真っ白な壁紙」も新型を用意しています。


iPhone壁紙の仕様変更ざっくり履歴

ここまでiPhoneの壁紙がどう変わってきたか大まかに見ますと、iPhone 3GSで壁紙の使用が可能になり、iPhone 4のRetinaディスプレイ化でサイズが倍に、iPhone 5で縦長になりました。

iOS 7で視差効果が加わり壁紙サイズが画面サイズより大きなものに。アイコンの位置なども微妙に変わっています。黒文字と白文字、ドックとフォルダの処理など、現在のホーム画面の基礎がここで作られています。

iOS 7.1では壁紙が一律で暗くなりました。また、コントラストがちょっとでも強い壁紙だと上の方が真っ暗になります。

iOS 8では黒文字になる場合、再び壁紙が明るくなります。しかし7に戻ったわけではなくドックとフォルダは周りの色を以前より強く拾います。特に画像の端っこぎりぎりをよく拾うように、壁紙サイズが規定より小さいほどよく拾うようになりました。

iPhone 6/6 Plusで画面サイズがまた大きくなって壁紙サイズのバリエーションが増えます。

iOS 8.3では壁紙サイズが明るさを判定するパラメータに加えられました。小さいと暗い壁紙のように扱われます。それまではコントラストの高さに応じて強くなっていた、白文字になるときの上からの影は弱い影に統一されました。

iOS 9では極小壁紙のフォルダの処理だけが微妙に変わっています。

そして今回、iOS 9.2で規定外サイズでの「移動と拡大縮小」なしの設定範囲が変更されました。

まとめますと① iPhone 3GSに始まって、② iPhone 4、③ iPhone 5、④ iOS 7、⑤ iOS 7.1、⑥ iOS 8、⑦ iPhone 6/6 Plus、⑧ iOS 8.3、⑨ iOS 9、⑩ iOS 9.2が節目です。iOS 7以降は新機種発売やメジャーアップデートに限らず目まぐるしく変わっています。

正直iOS 9の変更なんかは、壁紙だけ見ると私の以外には影響ないんじゃないかというくらい細かいものでしたから、もうそろそろ煮詰まってきたのかと思ったら。

9.2でまた来ましたよ。

まあ仕様変更がないとそのうちネタに詰まるのかもしれませんけど^^;


私の作った壁紙はiOSアップデートの影響を受けやすいです。いうなれば変更センサーです。対応力では負けません。最新iOS対応状況のページも用意しています。

0 件のコメント :

コメントを投稿

follow us in feedly


スポンサーリンク