Mysterious iPhone Wallpaper Blog



2015年12月16日水曜日

iPhone、iPadでも全色暗くならない流行色の壁紙2016

記事公開時のOS:iOS 9.2


PANTINE®︎のカラー・オブ・ザ・イヤー 2016が発表されています。

今年はローズクォーツとセレニティのツートップのようです。

当サイトも恒例の流行色の壁紙を。iOS 8.3以降のすべてのiPhone、iPad(もちろんiPad Proも)のホーム画面、ロック画面で忠実に色を出すフォーマットです。Apple WatchやMacでも通常の単色壁紙として使えます。

ツートップなのでコンボカラーも用意

(個別のダウンロードは不要です。リンク先のページからお好みの色を直接長押し保存してください)

春の10色

春のトップ10カラーTop 10 Colors: Spring 2016 Pantone Fashion Color Reportも揃えています

iOSでも全色で暗くなることがない壁紙です(もともと暗くならない色もあります)。
ドックは黒く、フォルダは白っぽく、いずれも無彩色になるのでコーディネートの邪魔になりません。


設定上の注意点

グラデーションの1枚は縦画面での使用をお奨めします。iPadの水平モードでの設定には位置の調整が必要ですし、切り取られ方が狭いです。Macに設定するとグラデーションが階段状になります。

これはこれでアリ?

縞々をいくつも作っているのはiOS 9.1までとiOS 9.2では設定時に移動と拡大縮小をしない場合の設定位置が「下」から「上」に変わっていて、iPhoneのカメラロールは中央表示、Macなど機種によっても中央表示の可能性があるのでそのすべてに対応するためです。


不思議ポイント

ローズクオーツは普通サイズでも暗くなりませんが、セレニティは当サイトの壁紙でなければiOSでは暗くなります。

左が普通サイズの壁紙、真ん中が本来の色、右が当サイトの壁紙

iOSの壁紙が暗くなるかならないかは、明るさ、コントラスト、彩度、壁紙サイズによって決まります。→詳細 トラブル編 iPhone壁紙設定の超まとめ

ほぼ全面黒などのすごく暗い壁紙ならiOSはそれ以上暗くしません。暗くならない流行色の壁紙は幅1ピクセルの最小サイズです。高さは16ピクセル、効果には関係ありませんがカメラロールの一覧表示で色を出すにはこのサイズが必要です。iOS 8.3以降では小さな壁紙は暗い壁紙と同様に扱われるので、すごく小さな壁紙は色を問わず暗くならないというしくみです。ただし文字は白くなります。

そしてこれまたどういうわけか1ピクセル幅ではドックとフォルダは壁紙の色を拾いません。微妙に違う色が入ってこないのでむしろ好都合です。


今年はどんな色?

ざっくり言うと今年のテーマは癒しと優しさということですかね。

Rose QuartzとSerenity

2色展開の趣旨は性の平等にあるようです。

トップ10カラーに男女の区別がないことも昨年(気が早い;)2015年秋から引き継いでいます。ジェンダーフリーです。いい色にメンズもレディスもあるわけない。壁紙ならなおさらなおさらです。優しい色もドックのダークグレーが締めてくれるので男女問わず全色お勧めです。

0 件のコメント :

コメントを投稿



follow us in feedly