Mysterious iPhone Wallpaper Blog



2017年12月9日土曜日

iPhone Xのノッチをかっこよく見せる壁紙

記事公開時のOS:iOS 11.2(記事末尾に少しだけiOS 11.2の変更点を書きました)

iPhone X用新カテゴリ。ディスプレイを正確に象ったフレームが特徴です。完璧なカーブがステンレスフレームの高級感を際立たせます。


これこそXでしょう。ノリでノッチを隠したりもしましたが、ノッチこそがステータス。端っこだけで自慢(自己満)する究極のオトナデザインです。

カテゴリページ ▶︎ Xスタイルの壁紙

現時点で2種類あります。まずはフレームのみのシンプルな壁紙。


ダウンロードページ ▶︎ Xの壁紙 14枚

有機ELで映える黒背景に鮮やかな色のラインナップ。黒以外も少しあります。


線が細くて縮小するとわかりにくいですけど、壁紙が暗くされることが多いiOSでは滅多に見られない鮮やかな色彩を楽しめます。どの組み合わせでも暗くなりません(最終確認はiOS 11.2にて)。

縫い目で画面を縁取るやつは署名もタグ風にしてます。設定後は見えませんけど。


もう一つはモニター風。


ダウンロードページ ▶︎ Xモニターの壁紙 12セット

ホーム画面用とロック画面用をセットで並べています。それぞれにジェスチャーガイドも描きました。iPhone Xを隅から隅まで味わい尽くします。モニターの壁紙についての詳細は次の記事 iPhone Xジェスチャーガイド(たぶん)完全版 をご覧ください。


設定上の注意点

壁紙を動かさずに「静止画」のまま設定してください。
Xでは静止画が初期状態です。「視差効果」はタップしないでください。もしもタップしてしまうと位置がずれてしまい、その後「静止画」に戻してもずれたままです。その場合は一度キャンセルして最初からやり直してください。

「視差効果を減らす」はオフ(初期設定)にして設定してください。オンにしていると壁紙が変形表示されます。壁紙設定後は「視差効果を減らす」をオンにできます

「Xの壁紙」の中で黒地にフレームだけの壁紙では、ロック画面とホーム画面でフレームだけを色違いにすることはできませんロック画面だけを真っ黒な壁紙にすることもできません。iOSでは7.1以降、両方に表示部分が似通った壁紙を使うとホーム画面がロック画面に乗っ取られるバグが出ることがあります。


絶対精度を求めて

Xのフレームに縁を付けるだけというアイデアは、シンプルなだけに妥協は許されません。完璧な精密さで仕上げなければXのデザインを損ねます。
ところがXの壁紙では正確さが最難問です。詳しくは以前の記事 iPhone Xの壁紙は「静止画」で劣化⁉︎ 全体表示も不可能に をお読みください。ホーム画面のスクショ(Xではサイドボタンとボリューム大の同時押し)をピンチインで壁紙にする実験はXがあれば誰でもできます。

とにかく仮想壁紙サイズと表示位置を突き止めたとしても縦横0.5ピクセルずつずらされる(焼き付き防止策?)ため、拡大すると色の境界は双方1ピクセルずつ侵食されて黒と白ならグレーになります。エッジで元の色を残すには2ピクセル以上の幅と、画面外側に幅1ピクセルの緩衝地帯を必要とします。
一方もしもフレームの幅が干渉地帯を含めて4ピクセルになると、iOSにコントラストが高いと判定されて暗くなります(黒背景の場合)。

ノッチについてはAppleが配布しているテンプレート(Apple UI Design Resources)もそこまで精密ではありません(あれがなければ寄せるだけでも大変でしたが)。スクリーンショットもノッチが写らないので役に立ちません。ナノレベル精度のレンズ研磨は職人さんの手作業って言いますし最後は人間がやるしかない。実機を肉眼で攻略しました。
ベゼルは黒だから外側も黒なら多少のずれは誤魔化せるなーんてことはしていませんよ。気になる方は黒以外の背景でご確認ください。特にモニターの壁紙の青背景はほとんどそのために作っています。


とにかくなにかとデリケートな画像なので圧縮や再加工をするとそれだけで表示が微妙に崩れることがあります。ご自分で加工される場合はご注意ください。


X用には作らないつもりの壁紙

自分で使いながら改良に改良を重ねて、Xスタイルシリーズはかなり時間がかかってしまいました。さてX用に既存シリーズを作っていく計画についてですが、まずドックを拡張してフレームにする壁紙はX用には作らない予定です。ドックが浮いているXでは、できないというよりデザイン的に意味がなさそう。


あと新古典壁紙もちょっと迷ってます。私的には今回のモニター風の方がかっこいいのでテンションが上がりません(逆に他のiPhoneでは設計図風が世にあります。「iPhone 壁紙 グリッド」とかで検索すると沢山出ます)。


とりあえずこれらの代わりに今回のカテゴリがあるという位置付けで考えています。
そうなるとX対応で残っているのは一応動く静止画だけです。
ドックを隠すシリーズには棚壁紙や魔法のパステルなど微妙な物も残ってはいますが、そちらはコンセプトから要検討案件ということで。
X用、X以外用共に新作も作っていきたいですし。


iOS 11.2アップデート

先日iOS 11.2が来ました。ベータ6からその日のうちに正式版。たしかにベータの最終版は基本的に正式版と同じになってるみたいですけどベータって何?っていう感じの連打です。
さすがに準備が間に合いませんでしたよ。今回はぎりぎりまで引っ張ってましたから。

ユーザーさんの声で「全部白い壁紙」のドックがグレーになることはわかってました。これは明るさ判定の閾値が変わったためでしょう。
そうするとおそらく暗くなりにくくなっており、白以外はむしろ作りやすくなりそうです。その方がやっかいで、11.2で作った壁紙が11ー11.1で使えるかわからなくなります。なので11.2の準備よりも「計画があって心配な系統」の作業を急がざるを得ませんでした(トリックによっては今後の新作は割り切るしかありません。iOS 11ー(11.2で確認)とか)。


さすがにベータ6となればそろそろ準備するかと思った矢先に正式版です。「全部白い壁紙 2」はほとんど準備できていたのでアップデートを知った直後(知ったのも公開から数時間後でした)に公開しましたが、他は1日遅れました。
白の他に作り直したのは8枚だけですけどテストに時間がかかっています。それまで一番暗くなりにくかったPlusが一番暗くなりやすくなっているなど、細かいトラップもありました。

ちょっと手こずったのはX用のこいつです。


なかなか暗くできなかったんですよ。横の黒もドックに干渉しないぎりぎりまで来てますし、ノッチに黒を隠しても足りませんでした。上下は使えません。下の画像はテスト用壁紙にスクショを合成したものです。Xのドックは表示範囲外の横からは色を拾いますが、上や下からは拾いません。明るさ判定も同様です。


以前どんな画像を差し込んでもドックが見えなくなる万能テンプレートを研究したことがありまして、それは差し込める画像が恐ろしく小さくなってしまったのですが、その時に最も暗くする力が強そうなのがB255の青だというのは突き止めていました。で、ノッチに青を入れたらうまく行ったというわけです。

明るさ判定の閾値はiOS 7とほとんど同じです。iOS 11と7との目立った違いはこれだけでしたから(当時はなかった機種があるため何とも言えませんが)もしかしたら壁紙設定に関してはiOS 11.2はiOS 7そのものかもです。

あとサイトの方に書き忘れていて、追記するほどでもないのですがライブ壁紙に追加があります。


有機ELを活かす色として、今回のXスタイルのカラーのヒントにさせてもらっています。

0 件のコメント :

コメントを投稿

時間的な問題により技術的な質問及び壁紙のリクエストについては原則として返信致しません。ご要望を今後の制作の参考とさせていただくことはございます。
Due to time constraints, I will not reply to technical questions and wallpaper requests in principle. It might be a reference for the future wallpaper.



follow us in feedly