Mysterious iPhone Wallpaper Blog

スポンサーリンク

2015年10月31日土曜日

iPhoneを動かすと反射するように明るさが変わる金属の壁紙

記事公開時のOS:iOS 9.1


iPhone 6/6 Plus/6s/6s Plus/5/5s/5c/iPod touch 6/5用。iPhoneを動かすと「金属部分」が反射するように明るさが変化する壁紙です。初回公開カラーは8色です。



ダウンロードページ ▶︎ 金属の壁紙 Metal ← 旧型

リニューアル致しました ▶︎ 金属の壁紙 Metal

「動く静止画」ではなく「その他の壁紙」に分類しています。
当サイトの動く静止画の基準はスクショを並べても変化が一目瞭然であること。この壁紙はそういう性質のものではありません。逆にできるだけ動きを抑えて、明るさだけが変わるようにしています。
スクロールすると変化する見本(動き方は実機と異なります)をつけて「動く静止画」に移動しました。


設定上の注意点

視差効果でご使用ください。
低電力モード中は光りません。
画面が明るい方が金属感は増します。


カラバリ


シルバー(またはスチール)、ゴールド(Appleゴールド的な)、ローズゴールド(あるいはピンクゴールド)、レッドゴールド、イエローゴールド、グリーンゴールド、ブルーゴールド、パープルゴールドを用意しました。全部実在する素材です。



不思議ポイント

動く静止画の壁紙をベースにして

The Glitch Life : Pseudo-dynamic Wallpaper for iOS / no jailbreak required

にインスパイアされた金属的な反射の壁紙(AdSenseポリシー違反が怖くてリンク貼れません。ほんとすみません!)を作りました。

同じ原理に基づいた壁紙を知らないまま1年遅れて作っていましたが、The Glitch Lifeさん言うところの「より多くの可能性」を、今度はそのインスピレーションを引き継いで実現します。iPhone 6/6 Plusでも使えるように対応機種も拡張しています。

視差効果で壁紙が動くと規則的なパターンと液晶素子の干渉でモアレを作る仕掛け。Pseudo-dynamic Wallpaper for iOSに倣って効果の出る範囲を区切ります。

前の記事でも書いたように画面サイズが大きいほどモアレは弱くなりがちなので正直6 Plusでは金属感までは無理かと思ったんですけど。

過去作品の液体金属の壁紙からパターンを持ってしました。水の壁紙のバリエーションで、金属感を出すために大小の四角形を組み合わせたパターンです。波の大きさが変化するので明暗差が大きくなります。


この明るさの変化を維持しつつ波の連続性を断つマスキングを模索。形と大きさの他、周辺に行くほど細かくなるモアレに合わせてぼかし影を大きくするなど工夫しています。


今回は全体的にシックな仕上がりですが、クリスマスとお正月に向けたカラーも準備中です。

0 件のコメント :

コメントを投稿

follow us in feedly


スポンサーリンク