Mysterious iPhone Wallpaper Blog



2015年10月9日金曜日

画面サイズの違うiPhoneに機種変したら壁紙の再設定をした方がよいかも

改めて確認はしておりません。
なお、設定しなおしてはいけない(できない)ケースも最後に書いています。


当サイトの現行壁紙はアスペクト比9:16のiPhoneなら選び放題です(記事公開時)

当サイトの壁紙のうちトップページに並ぶ現行壁紙は、4インチ、4.7インチ、5.5インチ画面サイズのiPhoneであれば全部使えます。具体的にはiPhone 5、5s、5c、iPod touch 第5世代、第6世代が4インチ。iPhone 6、6sが4.7インチ。iPhone 6 Plus、6s Plusが5.5インチ画面になります。


さらに最新OSであれば無条件でお選びいただけます。あとは規定の設定であれば設計どおりの効果を発揮します。

つまり機種変更に影響されることはありません。


条件を満たしても設計どおりにならない場面

ですが設計が崩れるケースがございます。

iPhone 6、6s、6 Plus、6s Plusの設定アプリから画面表示の標準|拡大を切り替えた場合は表示範囲がずれます。
拡大表示にすると一つ下の画面サイズのiPhoneを拡大した形になるわけですが、例えばドックとフォルダをカラーにする壁紙では色が薄くなったり、隠れていた部分がはみ出したりといったことが起こります。

左から標準で設定、それを拡大表示にしたもの、
拡大で設定、それを標準表示にしたもの

そのまま表示を戻すか、改めて壁紙を設定すれば正常に戻ります。


機種変でiPhoneのバックアップから復元すると?

iPhone 5から6sまたは6s Plus、6から6s Plus、または6 Plusから6sというスイッチを行った場合を考えてみます。
バックアップから復元したときは壁紙の設定も引き継がれます。先のとおり当サイトの壁紙は問題なくそのまま使えますが拡大標準の切り替えと同じことが起こるかもしれません。

上記の壁紙だと確かに機種で若干色は異なりますが、あんなものと思われてしまうのは不本意です。


もちろん他の壁紙でも

普通の壁紙であっても、もしも表示範囲が変わってしまうのであれば必要以上に引き伸ばされたり、縮められることになります。
画面サイズが異なるiPhoneに機種変してバックアップから復元し、そのまま同じ壁紙を使われる場合は再設定をしていただいた方がいいかもです。


ただし!元から入っている壁紙は

旧機種をiOS 8.4のまま元から入っている壁紙にしている場合は、iOS 9がプリインストールされた6s、6s Plusに移ったあとで設定しなおすことはできない場合があります。

参考までにiOS 9 9.1の静止画一覧です。


この中に現在設定されているデフォルト壁紙がなければ、それはアップデートで消えています。

追記 iOS 9.1でさらに一部変更があったみたいです。
「iOS 9.1 beta 3」では惑星の壁紙のデザインが少し変更されている事が明らかに | 気になる、記になる…

デフォルト壁紙のまま復元したときにも壁紙の設定はおそらく残りますが、変えたら最後消えた壁紙には戻せないのでご注意ください。

0 件のコメント :

コメントを投稿



follow us in feedly