Mysterious iPhone Wallpaper Blog

スポンサーリンク

2015年2月2日月曜日

カラーフォルダ/ドックを作る壁紙、ドックとフォルダを見えなくする壁紙に新色追加

iOS 8.3では全ての壁紙で白文字になります。

最新OS対応のカラーUI壁紙はドックとフォルダをカラーにする壁紙の一覧、またはタイトル下のリンクから「不思議なiPhone壁紙」のトップページでご確認ください。

記事公開時のOS : iOS8.1.3


iPhone 6/6 Plus/5/5s/5c用、脱獄無しでカラーフォルダ/ドックを作る壁紙に新色20枚を追加しました。現在通算60枚です。


ダウンロードページ ▶︎ Color page 3

ドックと全てのフォルダを見えなくする白い壁紙にも若干落ち着いた白となるアイボリーを追加しています。リンク先の下の方の壁紙が追加分です。


ダウンロードページ ▶︎ White


設定上の注意点

Color、Whiteともに視差効果を生かして設定してください (設定 → 一般 → アクセサビリティの視差効果を減らすはオフ、設定時の視差効果はオンのまま。特にiPhoneの設定を変えていない限りそのまま設定していただけたら大丈夫だと思います)。


Color

1ページ目の黒背景の壁紙は純黒、2ページ目の黒背景壁紙はやや明るくしていましたが、今回の黒背景壁紙は再び純黒です。
グレーのフォルダ/ドックを作るにあたってはカラーノイズを使用しました。割といい感じに色をずらしてくれてるんじゃないかと思います。
また、白背景にはアイボリーにしているものもあります。

このくらい枚数が増えてくると以前作ったのと突き合わせながらでないと混色の制限をかいくぐるうちに同じ色を作ってしまいそうです-_-;


アイボリー

先日1枚に統合した白い壁紙ですが早速バリエーション追加です。僅かに黄色味を帯びたアイボリーです。
最上段のフォルダへの色滲みを抑えるために表示範囲外の帯を黄色くしていますから、僅かな滲みもアイボリーではいっそう視認が難しくなります。

背景がある程度以上の明るさを持つ有彩色であればドックやフォルダがそれ以上明るくなることはないため白同様境界を見えなくすることができます。もっとも黒よりずっと明るい黄色い帯で明度判定をクリアできたのは原色と白のコントラストによる補正が効いていたせいですが、アイボリーでもドックとフォルダは問題なく見えなくなっています。アイボリー自体若干明度を下げますが微微たるものです。原色ー白の補正は純白でなくても効いているのでしょう。

メリットかデメリットかは人それぞれとして白いアイコンの輪郭が背景に溶け込んだりはしません。iPhoneの白パネルも純白ではないので寧ろマッチするかもしれません。気分やお好みでお選びください。


追いつきません

いいのか悪いのか現在作業がアイデアに追いつかない状況です。試作品が溜まっています。
ネタが尽きたら規格外サイズの壁紙表示範囲の特定とかに取り組むかもしれないつもりですがいつになるやら。

○○すれば○○できるということが分かっても完成までは色々あるものです。

0 件のコメント :

コメントを投稿

follow us in feedly


スポンサーリンク