Mysterious iPhone Wallpaper Blog



2015年2月13日金曜日

iPhoneを脱獄しなくても光が揺れ動くオーロラの壁紙

記事公開時のOS:iOS 8.1.3


iPhone 6/6 Plus/5/5s/5c (iPod touch) 用。iPhoneを動かすと光が揺れるオーロラの壁紙を作りました。他のダイナミック静止画同様脱獄は必要ありません。
個人の感想でiPhone史上最も美しい壁紙です。
光の筋がめまぐるしく変化します

カラバリは3色になります。


ダウンロードページ ▶︎ オーロラの壁紙 Aurora

容量は1.2〜1.3MB。細かいストライプパターンとグラデーションが交差する構造のためこれ以上圧縮すると壊れてしまいます。

設定上の注意点

視差効果オンでご使用ください。


不思議ポイント

パララックスエフェクトで壁紙が動くとモアレが発生するように規則正しいパターンを敷き詰めて効果を生みます。

筋雲たなびく空の壁紙」がベースですがパターンは縦ストライプにして光のカーテンを演出。背景との明度差に加え色相差でモアレそのものの色を強調しています。

空の壁紙でモアレの色を操る糸口が掴めました。涼しいながらも夏にも冬にもいいし綺麗だし、オーロラはずっと作りたいモチーフでした。


今回はやばかったです

数分間壁紙作りをやめそうな気分になりました。

変な壁紙ばかり作っていて何ですが、変わったことをしたいわけでは全然ないんです。

壁紙作りを始めたのは壁紙が好きだからではなくて嫌いだからだとこのブログにも書いたことがあります。欲しいのが無いなら作るってやつです。自分自体が自分なんだからことさら自分を主張するようなものは欲しくないんです。

でもカッコはよくないと嫌。

私の理想のホーム画面はこれでした。

Photo by ahhyeah
CC BY-NC-ND (クリエイティブコモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止)

初代 (〜3G) iPhoneです。壁紙が使えもしなかったというのがたまりません。何という無駄のなさ。余裕のなさとも言えますがそういうのもロマンです。4からのiPhoneユーザーなので憧れます (デザインはフラットUIの方が好きです)。

じゃあ今のiPhoneなら真っ黒?デフォルトのまま? 何かしっくりきません。

成り行きで始めたことですけど、今のややこしいiPhoneの壁紙を追求していくと何かに行き当たらないこともないかもしれないという感じです。

それがどうして不思議な壁紙になるのか……

もっともまだ見ぬ境地を決めつけることはできませんし行き着く先が理想に似ていると考える根拠もありません。自分を主張するようなものは要らないってこだわりも主張しないって主張をしているじゃないかと言われれば全くもってその通りです。

今回は自画自賛になりますが綺麗なのでもう自分用の壁紙はオーロラでいいかもって思ってしまいました。一瞬にしろこれでいいならもう作らないわけ?ってなってしまったくらいお気に入りでございます。


お詫び

前回の雲が動く壁紙 Sky のサンプルに載せていた分でアップロード漏れがございました。漏れていたのは sky_nostalgia、上から7枚目の壁紙です。


申し訳ございませんでした。

0 件のコメント :

コメントを投稿



follow us in feedly