Mysterious iPhone Wallpaper Blog

スポンサーリンク

2015年8月28日金曜日

iPadでも使えるドックとフォルダをカラーにする壁紙をリニューアル

記事公開時のOS:iOS 8.4.1


iPhone 6/6 Plus/5/5s/5c/4/4s/iPod touch 6/5/iPad/iPad mini/iPad Pro用、ドックとフォルダをカラーにする壁紙です。iOS 7以降のすべてのiOS端末で使用可能です。


カラーは4色。少し色を変えたくらいでは変わり映えしないタイプなので色数を増やす予定はありません。


ダウンロードページ ▶︎ 染める壁紙 Dye

サイズは3208×3208、容量はいずれも約1.8MBです。

着色の壁紙は公開したばかりでしたが型落ちです。今回の壁紙のプロトタイプみたいになってしまいました。


設定上の注意点

iOS 7以降なら使えますがiOS 8.3以降でのご使用をお勧めします。コントラストが高いため8.3未満で使うと上が真っ黒になります。8.3では上の暗さは弱い影に統一されています。

アクセシビリティの「透明度を下げる」でドックとフォルダをグレーにしない限り特に設定での注意点はございません。


不思議ポイント

着色の壁紙としくみ自体は同じです。目を引く派手な色を補色同士で並べてドックには無彩色のように扱わせ、細い部分の暗くて濃い色だけを拾わせることで背景とドック、フォルダの色が異なるように見せます。
純粋に配色だけのトリックですからどこを切り取っても効果は同じです。そのため端末を問いません。


前作よりも目くらましの派手な部分を大幅に大きくし、細くなった暗い部分はその代わりやや明るめにしてドック・フォルダと背景の落差を狙いました。


壁紙のサイズについて

iPad Proの画面サイズには2732×2048という噂があったんですね。やはり出るとも出ないとも言えないみたいですが。
とりあえずフォーマットは正方形になると仮定して長辺に着目します。iPhone 6 Plusの画面サイズと、視差効果込みの壁紙サイズの比率を単純に当てはめると下のような数値が得られます。

この比例計算アプリはiPractiCalc
無料版もあります
iPractiCalc Free

というわけで3208×3208としました。これまでの例からしてこの通りのサイズになる可能性は皆無ですが近いところに収まれば御の字です。→ 2015 11/27 サイズはわかりませんけど描写は問題ありませんでした。


カラーUIの壁紙

「ふつうの色の壁紙」とこの壁紙でドックとフォルダをカラーにする壁紙が2種類となっています。そこでジャンルをまとめてカラーUIの壁紙としました(2つのしくみは全く異なります)。数ページに渡るシリーズは階層が深くなってしまうので解消しました。[2015 8/29]


ただし「ふつうの色の壁紙」の方はどうもiOS 9ではゴニョゴニョ……原点に戻ったカラーシリーズ最強の壁紙も準備中です。

0 件のコメント :

コメントを投稿

follow us in feedly


スポンサーリンク