Mysterious iPhone Wallpaper Blog

スポンサーリンク

2015年8月12日水曜日

決断疲れも軽くする写真削除アプリ(iOS)

2015 8/13 一部加筆修正しました。

過去iOSのアップデートの際にも容量問題が取り沙汰されたりとiPhoneの容量は割と切実だったりします。


空き容量が足りなくなると写真を減らすのは定番の対策ですが、悩んで消した挙句あまり空きが増えていないとがっかりします。
現OS(8.4)の標準写真アプリには個々のデータサイズを表示する機能はありません。

写真も色々でして壁紙とかだと絶対に必要なものはありません。デフォルトだってよいわけです。「この壁紙でこの程度なら持っとくか」「この壁紙にこんなに食われるのはないわ」とかやれたらいいのに。

探してみました。

条件は3つ。
  • 起動が早い(写真が多いとこの手のアプリは遅くなりやすいです)
  • 容量が一望できる
  • 無料でも枚数等に制限が無い


圧倒的表示機能「写真清掃アプリ」

上記条件にぴったりのアプリです。
読み込み完了後に表示される写真はモーメントを逆さまにした順番になります。容量切り取り無しで全体表示のサムネイルが並びます。


拡大アイコン(動画は再生アイコン)をタップして全画面表示(再生)も可能。選択途中で表示させてもリセットされずにそのまま続けられるのが便利(途中で写真を撮ったりすると再読み込みでリセットされます)です。
0.01MBに満たない写真は0.00MBと表示されます。


選択件数とその合計容量を表示する右下部分をタップすると



iPhoneの空き容量もアプリ内で確認できます。


?のアイコンから設定で並び順も変更可


左下のスライダーでサムネイルのスケールも作業しやすいサイズに変えられます。



初期状態では「日付」ですが「サイズ」にするとデータが大きい順に表示されます。上の写真から消していくと少ない枚数で容量が確保できるということになります。



「アルバム」ではアルバムに入れた写真だけがアルバム毎に全部並びます。



そしてなんと「重複」ではダブった写真同士が並びます。


iOSの写真名は日時になるのでファイル名が手がかりになることはないはず。おそらく1byte単位まで同じ容量の壁紙を検出しているのだと思います。偶然一致する確率は極めて低いはずです。よく見ると数byteしかなくて完全一致の確率が高くなるふつうの色の壁紙ではペアになっていないものもあります。


念のため目視しながら削除した方がよいでしょう。


タップで選択したら右上のゴミ箱アイコンを押して削除します。



仕上げに標準写真アプリを開いて「最近削除した項目」に残っている先ほど削除した写真を「選択」、「すべて削除」で完全に消します。


これをやっとかないと容量が減るのが30日後になってしまいます(間違えて削除してしまったとしても、この段階なら「すべて復元」をタップすればもとどおりにできます。個別に復元もできます)。






決断疲れ

私のiPhone 6 Plusも16GBでいっぱいいっぱいです。音楽とかゲームとか入れたら完全アウトです。そっち方面は引退したiPhone 5の32GBが担当中。
壁紙を作るための参考画像やテスト用壁紙は取り込んでは消し取り込んでは消しして凌いでいます。

データの削除ってエネルギーが要ります。人が一日に決断できる数には限度があってどんなに軽くて小さな決断でも1回は1回のようです。捨てる基準が曖昧だとあれこれ考えるのでいよいよ膨大な決断を消費します。

ストックの整理で肝心なのは残したい気持ちと容量の天秤です。どっちに傾くかだけ見ていれば足りるのではありませんか?

( ・∀・)この記事があなたのiPhoneと決断疲れを軽くするお役に立てますように。

0 件のコメント :

コメントを投稿

follow us in feedly


スポンサーリンク