Mysterious iPhone Wallpaper Blog

スポンサーリンク

2016年9月14日水曜日

iOS 10でドックの色を中和するカラー壁紙

記事公開時のOS:iOS 10
iPhone 6 Plus/6s Plus/7 Plus/6/6s/7/5/5s/5c/SE/iPod touch 6/iPad (Pro/mini) 兼用iPadおよび一部の機種では未検証です


iOS 10でドックをほとんど見えなくするカラーの壁紙ドックのトーンを落とすための暗い部分を見えない所に押しやりました全体を明るくして上の方に違う色を混ぜたりもできます


ダウンロードページ ▶︎ ドックを中和する壁紙  Neutralized Dock 44枚


全画面の壁紙に仕掛けを加えて進化させました。小さなサイズなのでフォルダが丸くなることもあります(例えばiPhone 5では丸くなりません。この壁紙のテーマはドックなのでそちらはあまり期待しないでください)。

iPad Proの12.9インチには境界のない色の壁紙が通じなかったようにこの壁紙もイマイチかも
iPhone 7のRetina HDではどうでしょうか? トーン維持の為の明るさ上限を利用する9.3以前のやり方だと問題はコントラスト比かもしれません(12.9インチはiOSで最もコントラスト比が高いです)。それならiPhone 7も6sまでと同じなので影響はないとも考えられます(9/16 iPhone 7/7 Plusで動作確認済)。
しかし色調、明度、彩度を寄せていくiOS 10方式で色域の広さががどう影響するかは現時点で私には不明です。そんなに豊かな階調を持つようなものではありませんから、いずれにしてもかなり寄せられるとは思いますけど。
逆に上限を利用しないこのタイプは12.9インチでうまくいく可能性も?


設定上の注意点

移動と拡大縮小はせず「視差効果」で設定してください。視差効果余白の帯を利用します。

アクセシビリティの「透明度を下げる」はオフのままにしてください。


どうしたものか

基本的な理屈は全画面の壁紙と同じ。小さな壁紙のドックへの色滲みの強さを利用して離れた所から色をコントロールします。

iOS 10ではどんな壁紙でも暗くなるので色を予想するのは難しいと思っていましたがドックの色はもともと設定してみないと分からなかったわけですから作業としては大して変わりませんでした

問題は機種間の差です。全画面の壁紙と同じ4×5ピクセルなどでは6 Plusと5でこんなに差がついてしまいます(実はPlusには小さすぎてあの壁紙の現象が見られるサイズでした)。

左がiPhone 5、右は6 Plus
ともあれ、何か別の判定にかかっていそうな気がしたのでサイズを大きくして処理が共通する範囲を探ります。


予想どおり共通範囲はありましたが、そこでさらなる問題。サイズが少し大きくなると上下の色がきれいにボケません。

さてどうしたものか。

iOS 10では9.3以上の正確さが要求されるようです背景色と調整色はどの機種でも共通した比率にならないといけません

ある程度割り切ってせめて色を薄くするか、または単純な完全2分割でないとすれば視差効果のオンオフでバランスが変わるため、どちらかを指定する必要があります。

どうせ指定するなら……


不思議ポイント

ドックに色をつける壁紙の逆です

というわけでカラーUIの壁紙.3を少しアレンジしたフォーマットで作りました。

上下の帯が仕掛けです

小さな画像サイズの効果により視差効果余白の色でドックに色を付ける壁紙が作れるなら、逆に相殺することもできます(フォルダは若干処理が違いますから両方には合わせられません)。


カラーUIと異なり余白の色が背景と同系色ではみ出しが目立ちにくいためサイズを少し小さくしました。
小さいほど暗くなりにくいです。強いダークフィルター(iOS 10の暗さには2段階あって小さな壁紙でも強い暗さになることがあります)がかかると全体にグラデーションができて色を合わせるのは無理があります。

壁紙が横長なのはiPadでも縦横を問わず上下を使い切って同じ仕上がりを得るため(なおかつ目印の文字が自動でカットされる長さ)ですが、実際はiPhone同士でも画面サイズによって微かに違うみたいで、色によっては敢えて「公差」込みで調整しました。


それではよいホーム画面を。

0 件のコメント :

コメントを投稿

follow us in feedly


スポンサーリンク