Mysterious iPhone Wallpaper Blog

スポンサーリンク

2015年1月10日土曜日

壁紙サイト移転のお知らせと新生サイトのご紹介

記事公開時のOS:iOS 8.1.3


壁紙サイトを移転しました。
サイト名は「Heyeased Works 不思議なiPhone壁紙」新しいアドレスはhttp://heyeased.jimdo.com/となります。今後ともよろしくお願い致します。
2015 4/17 再移転しました。


このブログには変動はございません。なおトップページに置いたRSSフィードはこのブログのものとなっています。

これまでとは壁紙のダウンロード方式が若干異なります。現時点でJimdoではページ内にiPhoneの壁紙サイズの画像を原寸表示することはできないためファイルダウンロード機能を使います。サムネイル下のダウンロードのリンクをタップしていただくと壁紙が表示されますので画像を長押しして保存してください。
画像形式や容量などが自動的に表示される点は便利だと思います。

これによってページ数は大幅に減ります。他にも他言語からのアクセスに対して翻訳機能をポップアップするGoogleのサービスを埋め込んで日本語表記のみにする、将来的に無料または低コスト運用のためJimdoドメインを継続するなど色々スリム化を図っています。私の場合はコンパクトに作った方が続きそうです。

サイトの読み込みは格段に早くなりました。


移転の経緯

WixからJimdoへの移行(正確には出戻り) です。最近までWixのサイトで編集できない不具合が続いておりまして、その間に作ってしまいました。

乗り換えるかどうかはかなり悩みました。壁紙のダウンロードは可能ですが、JimdoではサムネイルをRetinaディスプレイに対応させることがどうやらできないのです。これが当初Wixを選んだ決定的な理由でした。
しかしWixは閲覧が重いです。色々調べるとRetina対応は少し手間みたいでその辺も関係してなくもないのかもしれません。

ブログはこの通り別に作りましたから綺麗なサンプルはこちらで見ていただくとして、サイトがホーム画面のギャラリーである必要もないのかなと思います。
1枚でも多く実際に楽しんでいただく方が大切だと判断しました。

サイト丸ごと引っ越しというのはWixでは不可能 (Jimdoも?) ですから一から再構築しています。


新生サイトの壁紙ラインナップ

サイトを再構築するにあたり移転する壁紙を厳選しました。自分的に迷走期だと思っている頃の壁紙はこれを好機として外しております。
新サイトの精鋭 (?) たちを改めて簡単にご紹介します。

なお、この1年で入手したアプリやアップデートのおかげで全体的に容量は軽くなっています。


iPhone 6/6 Plus/5/5s/5c共用




まずはカラーフォルダを作る壁紙です。極小サイズの壁紙でドックやフォルダへの色の滲みが大きくなることを利用しています。
壁紙サイズの方がスクリーンショットよりずっと小さいため本来はいちいちダウンロードするまでもないのですが、分かりづらくなりそうなのでインターフェイスを統一しました。
次回は新色を追加致します。未解決だった謎も解けています。現在2040色。



ドックと全てのフォルダを見えなくする淡い色の付いた壁紙です。色とフォルダの場所によってはうっすらどこかの縁が見えることもございます。12色。



ドックと全てのフォルダを見えなくする白い壁紙です。ドックが消えるアイデアに余白の帯で全面白にするアイデアを加えてお返ししましたが、私も放棄はしていません。3種類あるのは実はいずれも完全な意味の白ではないためで、いつか唯一の白を作りたいという気持ちもあります。



下からの光がドックと全てのフォルダを照らす演出の壁紙です。Colorに比べると普通ですけどこれはこれで綺麗ですよ。10色。


iPhone各機種用

機種ごとに最適化した壁紙には対応機種、対応表示モード、対応画面サイズなどを小さく表記しています。棚壁紙と分割壁紙がございます。

棚壁紙
上記Tint、White、Darkの棚壁紙バージョン。将来の新機種も見越して機種ではなく対応ディスプレイサイズを名称としています。5.5インチが6 Plus用、4.7インチが6用、4インチが5/5s/5c用になります。









分割壁紙
iPhone 6/6 Plusの簡易アクセス機能に対応した壁紙です。下がってくるアイコンと、それによって隠れるアイコンを分けるデザインとなっています。標準表示、拡大表示それぞれに対応しており、PlusのPが付くのが6 Plus用、Zoomedのzが付くのが拡大表示用になります。各15色。




iPhone、iPad、Mac共用

6400×3600という最大クラスの壁紙で端末を選びません。
OS Xで見つかったことからRetina iMac用ではないかと一時期話題になったサイズです。実際に発売されたRetina iMacの解像度はこれには満たなかったので将来もこのサイズは出ることなく或いは飛び越されてしまうかもしれません。
iPhoneでは容量に関係なく大きなサイズの壁紙を設定するときに全てのプロセスで数秒待ち時間が発生します。また、設定して表示が戻るまで写真アプリを閉じるのを待たないとアプリが固まることがあります。その場合はマルチタスク画面から一度完全終了してください。壁紙は元のサイズ、フォーマットに関わらず端末用に画像処理された上でホーム画面に表示されるようなので、設定してしまえば動作に影響はないはずです。現在2つのシリーズがございます。



グラデーションの壁紙です。レイヤーを数枚重ねてそれぞれに微調整を繰り返し、世界一滑らかなグラデーションを目指しました。自分のMacにはこのシリーズを使っています。14色。



目に優しい (はずの) 壁紙です。網目模様で明暗差を抑えながらもコントラストを上げ、可読性と低刺激性の両立を求めました。色自体も輝度明度共に厳密な中間値を取っておりアイコンとの相性も問わない設計です。8色。


iPad用



ドックと全てのフォルダを消す色の壁紙です。iPhoneでも問題なく使えますがTintの試作品的位置づけです。縦横両方でTintのようにドックに色を付けるのは不可能ですから、iPad用としてはこちらのみになります。9色。



ドックと全てのフォルダを消す白い壁紙です。iPhone用と異なり、どこにフォルダがあっても黒が滲むことはありません。1種類。


テンプレート

壁紙制作用のiPhone 6/6 Plus対応テンプレートです。白背景と透過背景それぞれを用意しています。制作中の絵に重ねていただくとおおよその表示範囲を確認できます。
正規サイズのものと、ディスプレイサイズジャストのものとがございます。いずれも視差効果有り前提です。



以上が移転時のラインナップとなります。

新サイトの作りこみはもちろん、以前のサイトや古い壁紙の扱いなども追って整理する予定です。

リリースも詰まっています。新サイトをよろしくお願い致します。

0 件のコメント :

コメントを投稿

follow us in feedly


スポンサーリンク