Mysterious iPhone Wallpaper Blog

スポンサーリンク

2016年11月15日火曜日

ドックを隠す壁紙にMac用を追加します

完全に隠れるのはメニューバーの方ですが。

記事公開時のOS:macOS Sierra

今回はMac用の特殊壁紙。Mac用としてギミックを取り入れたのは当サイト初(というか私は他所でも見たことがありません)。


OS X Yosemite以降のダークモードで設定するとメニューバーの境界が見えなくなります。ドックの縁取りは残りますが、背景とドックの色もほぼ同じになります。


ダウンロードページ ▶︎ 集中しやすい壁紙 Concentration

自分のMacをシンプルでミニマルで美しく使っていて気持ちのいいデスクトップにしたくて作って使っていた私のための壁紙です。公開に当たって仕様を調整し直しました。サイズは5120×2880。iMacでもMacBookでも使えるようにしています。

なお先日発表されたTouch Bar搭載の新型MacBook Proではメニューバーをしっかり消せるか分かりません。
境界を見えなくする系の壁紙はiOSでたくさん作ってきましたが、コントラスト比が高いモデルでは厳しい傾向にあります(12.9インチのiPad Pro)。新型MacBook Proはコントラスト比が67%もアップ。どんなもんでしょうか?
確かに色を数値的に完全一致させられれば問題ないはずです。ところがメニューバーやドック周りの色はiOSより複雑で、一致させると却って見えてしまうんですよね。見て調整するしかないんです。


設定方法

❶ システム環境設定 → 一般 →
メニューバーとドックを暗くする」にチェック。

チェックを入れます

* 「コントラストを上げる」と「透明度を下げる」のチェックは外したまま(​アクセシビリティ → ​ディスプレイ)。

ここはチェックを入れないでください

❷ システム環境設定 → デスクトップとスクリーンセーバー → デスクトップで画面全体に表示、または​引き伸ばして画面全体に表示​で設定。

どちらでも仕上がりは同じです


しくみ

色を微調整していっただけです。
メニューバーとドックの色は違うので、上下に少し余裕を持った所から始まるグラデーションでそれぞれに合わせました。
ダークモード用だけです。通常モードだとメニューバーやドックが明るすぎて周囲の影は隠せそうにありません。


余談:新型MacBook Proの羨ましいところ

当然ながらTouch Barは使ったことがないので何とも言えません。壁紙など作っているとグラフィック性能と綺麗なディスプレイが欲しいと思われるかもしれませんしそれに越したことはないんですけど、一番心動かされたのは実は広くなったトラックパッドです。他は全部おまけに見えるくらい。
あんまり広すぎると文字入力がしづらいかもしれませんが、いろんなものをあっちにやったりこっちにやったりする頻度が高いので。
MacBookのトラックパッドは別格だと思っていましたがまさかそれがさらに広くなるとは。いいなあ……


それではよいMacを。

0 件のコメント :

コメントを投稿

follow us in feedly


スポンサーリンク