Mysterious iPhone Wallpaper Blog

スポンサーリンク

2017年3月28日火曜日

iOS 10.3のPlusシリーズiPhoneで再びドックとフォルダが黒く⁉︎

記事公開時のOS:iOS 9.3
iPhone 5とiPhone 6 Plusで動作確認済み、残念ながらiPhone 7では使えません。3/30追記:どうも7 Plusでも使えないようです。おそらく7世代だけが……

iOS 10.2では4インチiPhoneと6/6sでしかドックとフォルダを黒くすることはできませんでしたが、iOS 10.3で新しく追加した黒い壁紙を設定すると……


6 Plusのドックとフォルダが黒くなりました!ヤッホーイ!!
ダウンロードページ ▶︎ 魔法の黒い壁紙マイナス+x  Magic Black Minus +x
Plusでは900×3の方を使ってください(当初は4インチ画面でしか使えないと思っていたのでマイナスというネーミングでしたが、そうでもないので+xを付けてタイトルを変えています)。

しかしiPhone 7では……


ダメですどうやっても...orz

iOS 9.2で使えた機種が700×2の壁紙を引き続き使えるかどうかなど全体像はまだ不明です。

ドックとフォルダだけを黒くする壁紙も当然同じように作れます。



ダウンロードページ ▶︎ ブラックUIの壁紙マイナス+x Black UI Minus +x 48枚

気になるのはやはり7 Plusです。6 Plusで使えるからといって6s Plusや7 Plusで使えるとは限らないのが最近のiOS。とにかく色々試してください。


壁紙の保存方法

サムネイルをタップすると白い画面になります(実は上の方に超細い画像が張り付いています)。


画面下のシェアボッタンをタップして「画像を保存」を選択してください。超細い横長の画像がカメラロールに保存されます。


設定上の注意点

Plusでは設定時にピンチアウトしてください。二本指で外側にスワイプする拡大の動作です。真っ黒なので見た目は変わりませんがその動作が必要だと思います。


他の機種では視差効果、静止画、ピンチイン、または視差効果を減らすなどで、何度か試してください。

機種によっては壁紙が適用されずただ黒くなるエラーが起こるかもしれません(小さな壁紙だとカラーでも黒くなることがあります。つまりこの場合の黒い背景は黒い壁紙ではなく空っぽの状態です)。このエラーは何度も続くことがあります。
使えるかどうかの確認にはブラックUIの方が簡単です。黒以外の色で背景が黒くなればエラーであるのは明白です。

こうなったらその方法では無理です


史上最も小さな仕様変更?

しくみはよくわかりませんが、特定の極端なサイズでドックとフォルダが黒くなります。壁紙の色とは無関係です。背景が黒ければドックとフォルダは見えなくなります。
参考:iOS 10.2の壁紙仕様の変更点と当サイトの壁紙の変動
iOS 10.3には他にホーム画面の変更点はなさそうですが、高さを2ピクセルから3ピクセルにして幅も700から900まで広くすれば6 Plusでもドックとフォルダが真っ黒になりました。

スポンサーリンク


疑心暗鬼

ホーム画面の開発担当者はきっとプライベートではiPhone 5ブラックのユーザーだったのだ。自分だけ真っ黒な画面を楽しむために仕込んだバグはしかし仕様が単純すぎたので10.2では見つけるのを少し難しくした。しかし私はこれも発見した。それでもジェットブラックユーザーには使えないように機種別に断片化させたに違いない。いや6/6sで使う方法を韓国のフォーラムが発見したのは計算外だったかもしれない。とにかくiOS 11はiPhone 5をサポートしないので担当者は買い替えることにした。今度は5.5インチだ。だから10.3で対応機種を拡張した。今度も少しでも見つからないようにまたサイズを変え、ピンチアウトも計算して。当然私はこれも発見した。5でも依然使えるところを見ると何かの用途でそっちも持ってるつもりか。この壁紙が7 Plusで使えるならiPhone 7 Plusのブラックかジェットブラック、使えないなら6s Plusのスペースグレイ。それをまたサポート終了ぎりぎりまで使い倒すつもりなんだブツブツブツ……

0 件のコメント :

コメントを投稿

follow us in feedly


スポンサーリンク