Mysterious iPhone Wallpaper Blog



2014年8月4日月曜日

別の意味で涼しいiPhone壁紙

お知らせ:ふつうに涼しげな壁紙ならiPhoneを脱獄しなくても動く水の壁紙や、最新の不気味系なら動く火の壁紙の方に黒い炎もございます。



 人魂の壁紙も。


Nightmare

別の意味で涼しいと言ってもアレなのはちょっとアレなのであくまでシンプルに不気味系お洒落壁紙を目指しました。2パターン各6色で12枚あります。



視差効果オンでiPhoneを動かすと背景のノイズがゆらゆらもぞもぞと蠢きます。目の錯覚で格子が揺れるようにも見えます。どうやら光線状態も関係するようでして、ロック画面に使うと揺れているのがまだ見やすいですが、ホーム画面では格子で狭めているせいもあって忘れた頃に「もぞっ」と動いたような動かなかったような……となるかもしれません。ヒヒヒヒヒヒ……

iPhoneのパララックスエフェクトは密度の濃い砂嵐のようなテクスチャを使うとこういうことになってしまうようです。
強いノイズはそのままだと上からの影が思い切り出てしまいますから、上の方だけ霞をかけてステータスバーを守ることでそれを防いでいます。
残念ながらパララックスエフェクトが無いiPhone 4では蠢きません(その代わり4だと色によってはフォルダの透け方が薄気味悪くなります)。

iOS Calendar (Hokkyoku design) さんのお許しをいただいて、このもぞもぞを売りにさせていただきました。Space Odyssey Dust wallpaper が先駆けです。こちらは私のものとは真逆で、ノイズの揺らぎをメインに作り込まれた大変美しいまたたく星屑の壁紙となっています。

ともかくナイトメアにも何かを仕込んだり何かを込めたりはしておりませんのでご安心ください。

まあ夏ですし


Wixエディタとブラウザの相性

このブログでも書いたことがあると思いますが本体の壁紙サイトはHP作成サービスWixで作っています。作業環境はMac OS X 10.9.4、プロセッサは2.4GHz Intel Core i5、メモリは4GBです。
これまでは標準ブラウザのSafariを使っていました。改めてテストしたところMacを起動してSafariを立ち上げた時点で空きメモリはおよそ1.8GBです。これがWixエディタを立ち上げた瞬間にスワップファイルが大量に発生します(過去には2.5GBの空きを確保してかかっても同じ結果でした)。スワップファイルはメモリが足りなくなってハードディスクまで処理要員として動員した時に発生するようですから、つまりエディタを開くだけで最低1.8GB(または2.5GB)超必要だということです。このスワップファイルが更にメモリを圧迫してどんどん遅くなり、最後にはエラー出しまくりで作業中断、再起動(スワップファイルは一旦リセットされます)、作業、中断、再起動というループにはまります。作業せずただ立ち上げているだけでもスワップファイルはじわじわ増えます。

ある日、もしかしてWixエディタはFlashで動いているのだろうかと思い至りました。サイトはHTML5でもエディタはFlashっぽい。そうです。AppleとFlashの仲の悪さは有名ですよね。iPhoneでは基本的に一切見られませんし。
MacといえどSafariとFlashの相性が超絶悪い可能性も無いとは言えないかも。

そこでChromeを試してみることにしました。Chromeもメモリを食うという話を目にしますが試してみればよいことです。
さて、Chromeを立ち上げた時点で空きメモリは1.8GB。ここまではSafariと同じ条件です。Wixエディタを立ち上げると空きメモリは……なんと1.3GB、引き算すると僅か0.5GBです。作業を続けても大体0.8GB程度、食っても0.4GB的程度の空きは確保されるようです。他のアプリを同時に使わない限りスワップファイルも発生しません(表示崩れを確認するために並行してSafariで自サイトを閲覧しながらだとちょっとだけ出ることもあります)。

Safariで。紫がスワップの目安
Chromeで。スワップは出ません


今までの苦労は何だったのでしょうか。

このブログもChromeと同じGoogleのBloggerで作ってますし、そういうことなら統一です。

というわけで。

メインブラウザは依然Safariです。iPhoneやiCloudとの連携はやはり断然便利ですから。それに、これはAppleのソフト全般に言えることですがインターフェイスの分かりやすさは群を抜いています。

一方Chromeをサイトとブログの編集専用にしてこちらも以前よりは相当快適になりました。
使いやすさでもChromeがSafariの上をいく点は翻訳です。プラグインやブックマークレットではなくそのまま翻訳ボタンがありました。SafariでGoogle翻訳のブックマークレットがうまく機能しないことも珍しくありませんから元から付いてるのはいいですね。Wixにはまだ英語の説明しかない機能も多少(アプリストアに至っては殆ど)残ってますし、大体分かりますけど日本語でさっと補足できるのは楽です。

まだIEやFirefox、Operaといった他のブラウザは試してませんけど、その辺もバックアップ的に一つずつ入れてみてもいいかもしれません。
欲を言えはWixエディタにはもっともっと軽くなってほしいですし、Bloggerみたいに文字の編集や写真のアップロードだけでもiPhoneからできるようになったらいいなと思ってます。
いつかそのうち……

0 件のコメント :

コメントを投稿



follow us in feedly