Mysterious iPhone Wallpaper Blog

スポンサーリンク

2014年9月14日日曜日

秋の流行色壁紙と一方iPhone 6Pを予約

流行色ミニマル棚壁紙の秋版 Icon Rack Fall 2014 とカメラ起動スポット付き秋色ロック画面壁紙 Lock Fall 2014 を公開しています。



iPhone 5s/5c/5用です。

6/6P用には棚壁紙とカメラスポット付きロック画面壁紙を作る予定は今のところありません。
iPhone 6 Plusではホーム画面横位置表示がありますし。iPhone 6は画面が回転するわけではないため棚壁紙などを作る余地もなくはないものの、片手モードがありますから。
片手モードはしょっちゅう使うことになりそうです。5ですら持ち手と反対側の上2列はかなり厳しいです。片手モードのデモを見る限り、元のアイコンと下に降りてきたアイコンの高さは合っていません。あまりずれると棚はかえって邪魔くさくなってしまいます。

機能的に最適じゃないと思って棚壁紙を作りたくないです。

さて流行色壁紙はこれからどう展開したものか。流行色で全面ベタという壁紙は本家にありますし、何か工夫しないといくらなんでも……

6/6P用に何かしらしっくりくるのはないかと考え中です。何とか秋のうちに追加したいですね。


ときにiPhone 6 Plusを予約しました。スペースグレイの16GBです。
今現在は5のシルバー、32GBを使っています。

例に漏れず6とPlusで悩みましたけど……どうせ片手で使いづらいなら大っきい方にしちゃえと思いまして。

スペースグレイにしたのは早く来そうなのもありますけど5sの実機を見た時にスペースグレイが一番格好いいと思ったからです。壁紙も映えそう。背面カバーが黒じゃなくて濃いめのグレーなのがいいですね。もっともAppleのサイトでDラインが明るいグレーに写っているのが実際はどうなのかちょっと心配。アクセントは黒で締めてほしかったかも。見てみないと分かりませんが。

容量を16GBに落とした理由は一つはそのままずばりお値段です。容量自体は余って勿体無かったというわけじゃありません。一時は足りなくなったこともありました。
まあダイエットしたかったんです。壁紙はミニマル志向なのにアプリを200も300も入れてるってどうなのよとは思ってたんです。頑張って9GBまで減らしました。もう少し絞りたいところです。

そのための6Pでもあるんです。
もしもSafariの横位置表示でiPadのようにPCビューになってくれるなら、例えばFlickr(iPhone 5のSafariからではビュー方式を選べず操作も制限されます)なんかだとアプリよりブラウザの方が使えます。そしたら更にアプリを減らせるという算段です。これはダメでした。

キャリアとの契約はデータ通信上限2GBのかけ放題プランです。

まとめますと、大画面とランドスケープ対応のアプリ整理、低容量、WEBを活用すべき低容量戦略とは幾分矛盾する低通信量プラン……最も工夫が必要だと思われるチョイスにしました。
安いし、そのままさらっと使えるよりも何かを思いつくような気がするのです。

Appleストアにわりかしすぐに行ける所に住んではいるもののー、12日の予約開始直後に近所のショップで予約しちゃいました。

いつ来るかな( ´_ゝ`)

0 件のコメント :

コメントを投稿

follow us in feedly


スポンサーリンク