Mysterious iPhone Wallpaper Blog

スポンサーリンク

2016年4月14日木曜日

増えちゃいますよ? 脱獄なしでフォルダが丸くなるiOS壁紙

記事公開時のOS:iOS 9.3.1
iPhone 6/6 Plus/6s/6s Plus/5/5s/5c/SE/4s/iPod touch 6/5/iPad/iPad mini/iPad Pro兼用


まだ無事みたいなので調子にのってフォルダが丸くなる壁紙を17枚追加します。


鮮やかな色や真っ黒と明るい色の組み合わせなど、普通ならiOSでは暗くされてコントラストが下がる背景です。
今回は絶対に暗くならない性質を生かしました。




暗くならないからこそ成立する配色というだけで、1ページ目から性質は変わっていません。フォルダが丸くなる壁紙を本当に気に入っていただいた方がいらっしゃったら、もしかしたら意識しなくても明るい色のせいもあるかもしれません(逆も然り?)。


小さな壁紙でフォルダの角丸が強くなるiOS 9.3のバグ?が最大になるらしい3×3ピクセルの画像です。
リンク先に並んでいる画像はこれをページ上で拡大表示しています。直接長押し保存してください。


設定上の注意点

視差効果での設定をお勧めします。
バグ?を起こすサイズは、デフォルトでそのまま設定する前提で割り出しています。視差効果を減らしたり静止画で設定するとサイズの扱いが変わります。追記:視差効果を減らすにすると丸くなるフォルダが増える機種もあるみたいです。移動と拡大縮小でピンチインでめいっぱい縮小しても同じ効果があります。

例外として6/6s/6 Plus/6s Plusの拡大表示で設定すると丸くなるフォルダが増えることがあります(その場合も視差効果で。なお機種次第で変わらないこともあるようです)。設定後の状態は標準表示に戻しても維持されます。

画面解像度はいっしょなのに、iPhone 5とiPhone 5sでは丸くなるフォルダの数が違うようです。5sで変化がなければ、フォルダのある場所がヒットしていないことが考えられます。
面倒ですがフォルダを移動させるとどこかで丸くなるかと思われます。

普通サイズの壁紙に変更するとフォルダは通常の形に戻ります。小さな壁紙を設定している間だけ見られる現象です。
壁紙を戻しても残るようなバグは、現時点では確認できていません。


暗くならない

当サイトではしばしば暗くならない壁紙をリリースしています。

ここでいう暗くならないとは絵柄で明るくなるというのではなく、暗くなる色使いでも明るくなるという意味です。

しくみはちょっとややこしいんですよね。
度々説明してはいますが、伝わっているのか毎回自信がないので改めておさらいさせてください。

そもそもiOSで暗くなるのはどんな壁紙かと言いますと、典型的なのは色が濃くて鮮やかな壁紙です。そういった壁紙では白文字の方が見やすく、白文字は背景が暗い方が見やすいという判断でしょうか。

右に行くほど暗くされやすさが増すと考えます

しかし背景がある程度濃さを増すと暗くはなりません。極端な例ではほぼ真っ暗な壁紙だと白文字はそのままでも見やすいからでしょう。
言い換えれば暗くされやすさが限度を超えれば暗くならないということです。

暗くするしないの基準は明るさ、鮮やかさ、明暗差など絵柄に関するものでしたが、iOS 8.3で少々事情が変わります。

壁紙のサイズが判定基準の中に組み込まれました。

壁紙サイズが小さい(ピクセル数が少ない)だけで暗くされやすくなり、大きさ次第では真っ白でも暗くされます。意図はよく分かりません。

暗くされやすさの列に壁紙サイズを加えただけと考えます
(色を見せるために小さな壁紙ほど実際の比率より大きくしています)

新しいアルゴリズムなどではなく、それまでの絵柄の判定基準に壁紙のサイズを、おそらく任意に対応させています。

そう考えると、小さな壁紙はどんな色でも暗くされ、限度を超えてものすごく小さな壁紙はどんな色でも暗くならないという現象が説明できます。

暗くならないのに白文字になるのも暗すぎる壁紙扱いだからでしょう。


放ったらかしの可能性も?

丸いフォルダはいつまで使えるのでしょう。なんだかだんだん、修正されるか逆に心配になってきました。正直もうとっくにアップデートで封じられてる頃かと。

もしかしたらホーム画面の仕様変更は0.1単位以上でのアップデートとスケジュールが決まっているのかもしれません(iOS 7.0以降の変更は7.1 / 8.0 / 8.3 / 9.0 / 9.2 / 9.3)。


ですがiOS 7.1からのバグで未だに残っているものもあります。

写真アプリから壁紙を次々に変更すると一定の枚数でアプリが落ちます。iOS 9.3.1のiPhone 6 Plusなら必ず17枚目(機種によって違いあり)で落ちます。

設定アプリからでは落ちません。
途中で写真アプリをバックグラウンドから終了させた場合はカウントがリセットされます。

壁紙が大きすぎるなどで落ちるのとは違い、連続設定で落ちる場合は枚数が確定していることから、意図的でなければバグと見るべきでしょう。

まあ壁紙連続設定なんて普通はしませんよね?

超小さい壁紙なんて普通は使いませんよね?

そういうのは開発の優先順位として下の方に置かれる可能性もあります。
現状壁紙連続設定をやるユーザーに比べたら、小さな壁紙ユーザーさんは圧倒的に多そうとは言え。

フォルダが丸くなる壁紙の瞬間最大ユーザーを、実際はそれより少ないはずですけど、私の作った壁紙以外は考慮しないとして多目に見積もっても全iOS端末の数万分の1にしかなりそうにありません。0.01%未満です。
その上写真アプリはまた立ち上げれば済むことですし、壁紙は変えれば済みます。

下手したらバグ修正の順番が回ってくるのに何年かかかるかも?

なんだよこういうことなら最初からもう少し本気出して作


それではよいホーム画面を。


気になる方はこちらもチェック 「透明度を下げる」がフォルダが丸くなる謎を解く手がかり?

0 件のコメント :

コメントを投稿

follow us in feedly


スポンサーリンク